愛してるよ「Myra」は誰の曲?「Myra」の由来は?

TikTok
筆者
筆者

愛してるよMyra,Myra、腕の中でMy love,My loveという韻が最高な曲「Myra」についての記事です。

「Myra」

TikTokとYouTubeに3月21日に「Myra」のショートバージョンがTani Yuukiにより投稿され、TikTokから徐々にバズり5月16日にはフルバージョンも公開されました。

TikTokで公開されたショートバージョンがこちらです。

そして待望されていたフルバージョン動画がこちらです。

【オリジナル】Myra/TaniYuuki full ver.
引用:YouTube

コロナウイルスの影響でしばらくMV撮影ができそうでないので、この形で公開したそうです。

MVは改めてしっかりと撮るらしいですよ。

この動画でも十分にMVとして成り立っていると私は思いますけどね(笑)

追記:ついにMV完成

【PV作ってみた】Myra / Tani yuuki Full ver

待望されていたMyraのMVがついに完成したようです。

誰が歌っているの?

この曲を歌っているのはTani Yuukiです。

歌っている背景にも筆記体でYuukiと書いてありますよね!

実はTani YuukiはWHITEBOXのメンバーなんです。

WHITEBOX

WHITEBOXはオンラインアカペラサークルです。

そして全国各地に散らばった大学生だけでYouTubeチャンネルを運営している音楽系YouTuber集団なのです。

つまり、WHITEBOXというのは歌が上手い大学生が所属する全国規模のサークルであり、サークルのメンバーがそれぞれWHITEBOXのYouTubeチャンネルで動画を投稿しているというわけですね。

ちなみにWHITEBOXのメンバーは全部で12人います。Tani Yuukiもそのうちの一人です。

WHITEBOXは全て声だけで音楽を創るというスタイルが特徴的です。

【MASHUP Battle】全部声だけで"orion/米津玄師 VS COSMOS/合唱曲" (cover)
引用:YouTube

これは全部メンバーの声だけで創られています。凄すぎですよね。

また、マッシュアップという形式を取ったものが多いのもWHITEBOXの特徴です。

マッシュアップ:マッシュアップとは二つ以上の既存の曲を重ね合わせることで、まるで新しい曲を作ってしまう手法のことです。

マッシュアップは通常一つの既存曲がボーカルで歌われているときには、もう一つの既存曲はメロディーの部分が流されることが多いです。

しかし、WHITEBOXでは二つの既存曲のボーカルが同時に歌われることが多いです。

これをWHITEBOXのメンバーは曲の勝負と言っています。

二つの曲の良い部分が相乗効果として表れてくるのがたまらないですよね。

Tani Yuuki

「Myra」を生み出したTani YuukiはWHITEBOXのメンバーの一人です。

「Myra」は個人チャンネルで出したんですね。

Tani Yuukiは21歳で現在大学生です。

Tani YuukiがWHITEBOXのメンバーとして歌っている動画もあります。

【MASHUP Battle】全部声だけで"夜に駆ける/YOASOBI" VS "秒針を噛む/ずっと真夜中でいいのに。" (cover)
引用:YouTube

WHITEBOXのメンバーは全員歌が上手いですよね本当に。

「Myra」の意味

曲名にもなっているMyraですが、どういう意味なのでしょう?

曲を聞いてみると女性なのかな?と思いますよね。

作曲者であるTani Yuukiは以下のコメントをしています。

Myraは人名で空想の女の子です。 曲ができた経緯、ストーリーに関しては書かないでおこうと思います。 先入観を作りたくないのはもちろん 色々な捉え方、感じ方、結び付け方があって良いと思いますし、ほしいとも思います!

個人的にはMy loveの韻を踏んでいるからMyraにしたのではないかと思っています。

しかし、Myraというのは人名でありアメリカには実際にMyraという名前の人がたくさんいます。

もしかすると、この曲で歌われているMyraはアメリカ人なのかもしれませんね。

歌詞にもところどころに英語が散らばっていますし、アメリカ人の彼女という設定が一番しっくりときますね。

筆者
筆者

どうでしたか?今回は「Myra」についての記事でした。作曲者がWHITEBOXのメンバーだったというのが個人的にはビックリしました。歌が上手い理由が分かりますね!

タイトルとURLをコピーしました